UA-52539888-2

立川屋 > 簡単にたくさん作れる冷茶



1.麦茶ポットと茶こしアミ、煎茶と水を用意

量販店で売っている数百円程度のプラスティックポット。
夏になればご家庭で使っている麦茶ポットでOKです!
ここでは2リットルのポットを2つ使います。
茶漉し機能付きのポットでも構いませんよ!

煎茶はリーフタイプ、ティーバッグタイプどちらでもいいですが
今回の方法はリーフタイプで美味しく出す方法をご紹介します。

IMG_3961.JPG

茶こしアミについて

今回使用するアミは
100円ショップ「ダイソー」さんで売っている
ステンレス手付ストレーナー約9.5cm(100円(税別))です。

アミが細かすぎると茶葉が詰まり
アミが広すぎると細かい茶葉が通過してしまいます。
このアミが一番安く入手でき、アミ目もちょうどよかったのです。

IMG_3965.JPG

2.ポットに茶葉を入れます

2つのうち片方だけに茶葉を入れます。
今回は2リットル用を使っていますので
ご家庭用のカレースプーンで山盛り3杯入れます。
(当店で販売している煎茶での量加減です)
お好みに応じて加減してください。

そこへ水をゆっくり注ぎます。
ポットの7分目程度まで水を入れます。

IMG_3962.JPG

3.冷蔵庫で冷やします

フタをしてすぐに冷蔵庫に入れて冷やします。
今回のポットは密閉機能がないので、扉袋などに立てて冷やします。

約10分程度で抽出されます。
苦味や渋味の少ない味がお好みの方はこの程度の時間がオススメです。
免疫力アップ効果があるといわれる「エピガロカテキン」は水出しで抽出されます。

苦味、渋味など味の濃い茶がお好みの方は
約1時間〜2時間程度、冷蔵庫で茶を抽出させます。

IMG_3954.JPG

4.もうひとつのポットに注ぎます

時間になりましたら冷蔵庫からポットを出し
もうひとつのポットにアミを渡し固定して
冷蔵庫に入れてあった茶葉入りのポットを
アミからあふれないように注ぎます。

注ぐ側のポットに水を補給しながら
注がれる側のポットが8分目くらいになるように調整します。

使い終わったアミの茶葉は捨ててください。
もしくはもう一度注ぐ側に戻して水を入れて冷蔵庫で冷やせば
おかわり用になります。この場合茶の味は薄くなりますが、色はキレイにでます。

IMG_3975.JPG

5.冷蔵庫に冷やして保管

出来上がった冷茶はすみやかに冷蔵庫にて保管して下さい。
2日間程度は美味しくいただけます。

注意する点は
茶は冷やされていることで味を保ちます。
温度が上昇すると一気に風味が落ちます。
家庭では常に冷蔵庫で保管し
持ち出し用の水筒やマイボトルでは
氷を十分に使い、氷が溶けない時間で飲みきって下さい。

夏はもちろん 1年中冬でも美味しくいただけます。
ペットボトルにはない本物の冷茶をお楽しみください。
どうですか とっても簡単に淹れられるでしょ(^^)v
頂き物のリーフの煎茶など、使い道に困っていませんか?
急須のないご家庭でも、この方法なら美味しいお茶が楽しめますよ。

IMG_3983.JPG

6.このページを見て早速買いに行く

ご予算、お好み応じた煎茶をご用意しています。

煎茶では「蓬莱」100g600円(税別)から上級煎茶がお勧めです。
この他にカフェインの成分がほとんどない
赤ちゃん番茶「寝そけないっ茶」390円(税込)もあります。
サッパリした味わいがお好みの方はこちらがお勧めです。

いずれも お茶の立川屋にて販売中です。

ご来店お待ちしております。 店主

IMG_2086.JPG